増えつつあるカーシェアリングのサービス

従来、車を所有していなかったり、遠方地に赴いた際に、乗用車利用の便を提供していたのはレンタカー業者でした。 ところが最近、このレンタカーに類似しつつも、料金体系やシステムにおいて、その違いが見られる「カーシェアリング」というサービスが急速に普及しつつあります。 その日、いちにち中、車に乗る必要がある、というような場合には、レンタカーのサービスというのは非常に重宝されるものなのですが、実際には、「1時間だけで良いんだけどなあ」「運転の練習だけできれば良いんだけどなあ」というような用途に対して、レンタカーというサービスが向いていたかと言われると、必ずしもそうとは言えませんよね。 このような短時間の乗用車貸出に適しているのが、カーシェアリングなのです。 カーシェアリングという言葉だけ見れば、複数人で、同一の車を共用するという意味ですので、それが業者によるサービスという形態をとっておらずとも、知人間で同一の車両を共同利用していればそれはもちろんカーシェアリングです。 ただ、このサイトで取り上げようとしているのは、そのような個々人の自発的なカーシェアリングの試みでは無く、業者がサービスとして提供しているカーシェアリングのことです。 このカーシェアリングサービスは、全国各地の空き駐車場等を有効活用し、専用のICカード等を用いることで、非常に手軽に、利用したいときに、短時間レンタルが出来るように、システムが整備されつつあります。 「あの看板はカーシェアリング業者のものだったのか」というくらいに、普及が進んでいます。 もちろんレンタカーや自家用車と比べて良い面も悪い面もあるでしょう。 そのような部分についても、しっかり見て行きたいと思います。